整骨院・鍼灸院|スポーツで起こる腰痛

【無料の企業PR広告】
■該当件数5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次へ>
TOP > 整骨院・鍼灸院 > 東大前接骨院

スポーツで起こる腰痛


スポーツでのケガもこれから増えていく季節です。痛みを我慢しては絶対にいけません。成長期に行う、部活、クラブでのスポーツで最低限守られなければならないのは「ケガさせない」ことだと考えます。まだまだ人生の入り口に立ったばかりのお子さんに、将来の可能性と引き換えにして行うスポーツに意味はないと思います。どんな競技でもいつかは引退がありますし、趣味として行うにもケガなんかないほうが絶対にいい。
この辺りは指導者の考えもあるので一概には言えませんが、ケガをさせないメニュー作りも指導者の大きな責任の一つでしょう。
東大前接骨院ではこういったスポーツでのケガも見ています。必要に応じて医師の診断が必要であればそちらへのご紹介も行っています。スポーツで出た首の痛み、腰痛、膝、足首の痛み、ご相談ください。
体幹を捻る動きや、前屈、後屈を繰り返し続けると、腰の骨(腰椎)の一部にストレスがかかります。安静を保てずにストレスがかかると疲労骨折が起こり、腰椎分離症になってしまいます。安静を保つことで症状が消失したり改善しますが、動かしてしまうとなかなか取れない腰痛の原因にもなってしまいます。
日常生活を送るにはそれほど問題になることはありませんが、運動時には痛みをおこしますので、まずは専門医に相談することが何よりも大事です。
基本的には保存的に治療されることが多く、手術になることはあまりありません。体幹の筋力強化やストレッチをして骨への負担を減らすことが何より大切な予防となります。
運動の指導や痛みでお困りでしたらご相談ください。
メトロ南北線の東大前駅からほど近く、東大前接骨院です。
腰を前に倒すと痛い、腰をそらすと痛い、腰をねじると痛い、など腰の痛みといっても腰痛の病態は様々です。腰痛では運動不足や運動のし過ぎで出るものなどがありますが、運動不足の方は簡単なストレッチから初めて体幹の筋肉を鍛えることを勧めています。器具を使うトレーニングではなく、自分の重さや、タオルなどのちょっとした道具でできるものが沢山あります。腰痛体操やストレッチの指導も行っていますので気になる症状があればぜひ一度ご相談ください。